BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

相続問題のトラブルに備えよう!どんな問題が起きやすい?

2020/09/21
弁護士に寄せられるトラブルの中の1つに相続問題があります。誰が何をどれだけ相続するか、当事者間だけで決められればいいのですが、やはり額が大きくなればなる程難しい事もあるようです。

今回は、相続問題のトラブルについてお伝えします。どうしてトラブルが起きるか、よくあるトラブルについてお伝えしますので最後までご覧下さい。

▼相続問題のトラブルはどうして起きる?

どれくらいの遺産があり、誰が相続するかを考えた際に、自分が相続する権利を持っていたなら少しでも多く相続したいと考えるのは不自然な事ではありません。

しかし、この気持ちが大きくなると、例え家族間であってもトラブルに発展してしまいます。その後の人生に大きく影響を及ぼすような相続問題のトラブルでは、弁護士が法律の専門家の観点でアドバイスをしたり争いを解決に導く事もあります。

▼よくある相続問題のトラブル

よくある相続問題のトラブルをまとめました。

■一部の人間に多くを相続する

他人や、一部の人間に遺産の多くを相続するという遺言があった場合、納得出来ずにトラブルに発展する事があります。

■寄与分に納得がいかない

生前に財産の意地に特に貢献した場合、寄与分が認められる事がありますが、納得がいかなくトラブルに発展する事があります。

▼まとめ

今回は、相続問題のトラブルについてお伝えしました。相続問題のトラブルが発展して事件になってしまう事もあります。出来るだけキレイに解決する為にも、可能であれば弁護士に相談してみて下さい。